このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

順位チェックツール

キーワードプランナーでは、指定キーワードのGoogle検索における上位表示の難しさを計測する事ができます。
難易度ごとのSEO対策アドバイスも表示されますのでご参考下さい。



【キーワードの入力について】
※複合キーワードは、スペースで区切って下さい。
※複数のキーワードは改行して下さい。
※チェックできるのは、一度に10キーワードまでです。

【アクセス解析ツールのランキングについて】
上位表示したいサイトの、SEOアクセス解析ツールのスコアをご入力下さい。入力しなくてもチェックはできますが、入力した方がより精度が高まります。

キーワード難易度とは?
そのキーワードがどの程度認知されていて、どの程度Web上で使われているのかを、SEOTOOLS独自の指標で計測したものです。

▼キーワード難易度ごとの解説

S 上位表示が最も難しいキーワード。大手メディア、ポータルサイトクラスの知名度・価値を持つサイトでなければ上位表示は厳しいでしょう。
A 非常に難易度の高いキーワード。繰り返し利用される価値のあるコンテンツを持たなければ上位表示は難しいでしょう。
B 簡単には上位表示できないキーワード。内部対策・外部対策・コンテンツ内容全てに力を入れる必要があります。
C 中小サイトでも上位表示が可能なキーワード。きちんとしたオリジナルコンテンツを作り、内部対策を見直すだけで上位表示される場合もあります。
D 上位表示が簡単なキーワード。ある程度検索数も見込めるため、サイトの下層ページはこのあたりの難易度のキーワードで対策するのが適しています。
E 上位表示がもっとも簡単なキーワード。ただしあまり検索されないため上位表示されても集客に繋がりにくい事が多いでしょう。


※難易度は、アクセス解析ツールでのスコアによりプラス補正されます。SEOアクセス解析ツールで最初からSクラスと判定された大手サイトは、SやAのキーワードでさえ上位表示が容易になるためです。

SEOアクセス解析ツール
http://www.seotools.jp/seoanalyze/

▼難易度の高いキーワード例
「SEO」「FX」などの英語キーワード
「自転車」「弁護士」などの単一キーワード

▼難易度の低いキーワード例
「ペットショップ 長野」「iPhone 修理 新宿」などの地域指定キーワード
「河野弁護士事務所」「サーフィンスクールBEACH」など、自社サイトの屋号キーワード



TOPへ戻る